« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

秋の夜長の寂しさかな

シーズンが終了して3週間が過ぎました。予想通り、イーグルスの試合のない秋の夜長は寂しい限りです。でも、今日、久々にワクワクすることがありました。それは、イーグルスからファンクラブ継続のお知らせと、11/23のファン感謝デーの申し込みはがきが届いたことです。

来年も、ブースタークラブとはいきませんが、ゴールド会員継続ですね。来年度は、バックネット裏に新設されるボックスシートの先行購入権が付くようですね。基本は当然レフト外野席ですが、5人でわいわい楽しく観戦するには、ボックスシートはなかなかいいものですよ。この権利を有効に使って、来年も何回かはボックスシートで観戦したいなぁと思います。

さて、ファン感謝デーですが、早速申し込みはがきに必要事項を記入し、明日投函する予定です。久々に、ワクワクしてます。今回はフルスタが会場で、20000人。ファンクラブ会員優先ではありますが、会員一人につき4人まで申し込みできますからね。いったいどれだけの倍率になるのか?行けるのか、ちょっと不安です。今年はフルスタだし、昨年の宮城スタジアムのようなこと(=選手遠くてないようもつまらなかった)はないと思うのですがね。あ~~~、行きたいなぁ。

今期最終戦勝利ならず 飯田、カツノリ涙の引退式

10/1 E1―3M 岩隈3回途中降板。タイムリー出ず、最終戦勝利ならず!

今シーズン、最後にして最高の観客数!?21700人が見守る中の試合でした。3回途中、西岡にスッポ抜けの球で四球を出したところで指をどうにかしたらしく、そこで降板。ベンチは慌てた様子もなく、岩隈も最後は普通にベンチにいました。中指先の違和感だったとのこと。大事ないといいのですが・

その後、3回は渡邉が抑えたものの、4回、ベニーに一発を浴びてしまう。(もったいない!)6回に西谷、鉄平の連打で、無死1、3塁と思ったら、3塁送球の間に2塁を陥れようとしましたが、ベース直前でタッチアウト。暴走気味ではありましたが、私としては、果敢に先の塁を狙ったその意識を評価したい。あれがセーフだったらなあ。

ホセ四球で1死1.3塁から山崎の三ゴロでホセ、2塁上でナイススライディング!ダブルプレーを防いで同点。

しかし、直後の7回、代わった小山が、サブローに不用意な一発を浴びてしまう。(本当にもったいない!)9回にも、50試合登板を果たした福盛。ダブルプレー崩れの間に決定的な3点目を与えてしまう。で結局そのまま試合終了。

今日もチャンスを生かしきれず。そこの確率がもう少しでも上がれば、あと10勝はできるんだけどなあ。と、来年の課題でしたね。

しかし、カツノリは、やはりいいように走られてしまいました。全然間に合わないってことではないんですけどね。そのわずかな差が大きいんでしょうね。

試合後の、カツノリと飯田の引退セレモニーは、二人とも、感極まって涙、涙、涙。二人とも本当にご苦労さまでした。大きな拍手を送りたい。そして、第二の人生をより実りあるものすべく、また精進して下さい。飯田は、ヤクルトのコーチ?カツノリはイーグルス2軍バッテリーコーチにと言う話がありますがどうなんでしょうか?二人とも指導者としてまた大きな花を咲かせてほしいと願います。

おまけに?試合後、スタジアム正面のステージに、小倉、関川、牧野、福盛、塩川、牧田の6選手が登場。小倉は、壊れるまで投げて勝利に貢献したいと、関さんは、思いはファンのみんなと同じ(=上位へ、そしてプレーオフへ)。出る限り全力でプレーすることを。牧野は、開幕から先発ローテーションにはいると。福盛は、来シーズン30セーブを。塩川は3割打ちたいと、そして牧田は、関川を脅かす存在になる。と、力強く語ってくれました。

本当にそうなるよう、頑張ってほしい。そして、さらに熱く応援したいと思いました。

あ~あ、06シーズン、終わっちゃった。これから半年、どうすればいいんだ。って、そんなこと言ってもいられません。ストーブリーグもきっと熱いでしょう。どんな選手補強があるのか?ドラフトは?コーチ陣は?フェニックスリーグもあるし、ハワイのウインターリーグもあった。そしてオフシーズンのイベントは?などなど、話題はつきないですね。これからも、イーグルスのこと、バシバシ書いていきたいと思います。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30