« スポーツ小説その2 | トップページ | 渡邉恒3回零封、沖原初ヒット »

頑張ってほしいイーグルス3人の選手

まずは今日のオープン戦。青山が先発し4回を2安打無失点。好投し、先発ローテに前進。またひとつ明るい兆しですね。
さて、私はイーグルスで特にひいきにしているというか、応援している選手が3人います。

それは、沖原、平石、渡邉恒の3選手です。

なぜか?共通点を挙げるとすれば、どうも自分は、スター選手よりも、バイプレーヤー、つまり派手さはないけれど、いい仕事をみせる職人肌の選手に惹かれるようです。

沖原は激しいショートのレギュラー争いの中にいて、今年はまさに正念場。昨日の2軍戦で3打数3安打1HR。しかし今日は3タコ。ガンバレ!

平石は、2軍では高打率を叩き出すも、1軍では、なかなかブレイクできない。オープン戦でもここ2試合ヒットが出ていない。ほんともうちょっとだと思うのだが。

そして渡邉恒、背番号18を田中に取られてしまったけれど、左投手のエースナンバーといえる34番を背負って新たなスタートを切った。オープン戦2試合に登板し、そこそこのピッチングを見せ、調子も右肩上がり。念願の開幕1軍が見えてきた。

と、3人とも微妙なところにいるだけに、応援にも力が入るというものです。

奇しくも、この3人の背番号、32、33、34と続いているのです。今シーズン、フルスタ宮城のお立ち台に323334と並ぶことを夢見て、願って、期待して、熱く、応援していきたいと思うのでした。

行けぇ〜、沖原、平石、渡邉恒!!!!

« スポーツ小説その2 | トップページ | 渡邉恒3回零封、沖原初ヒット »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173487/14178804

この記事へのトラックバック一覧です: 頑張ってほしいイーグルス3人の選手:

« スポーツ小説その2 | トップページ | 渡邉恒3回零封、沖原初ヒット »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31