« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

やっぱり「トライスキー」

25日の日曜日、娘と娘の友だち(小1)と3人で、泉ヶ岳スプリングバレースキー場に行ってきた。

今回は、娘の友だちのNちゃんに教えるのがメイン。約4時間滑って、リフトの乗り降りもでき、緩斜面を転ばずに滑ることができるようになった。本人も「楽しかった」と言っていたのでホッとした私であった。

Nちゃんは「何回かスキーをしたことがある。できる!」と言っていたが、実際には、何とかスキーを履き、立てるが、平坦なところでは自分で前に進むことはできない。という感じ。体も大きいNちゃん、筋肉痛を覚悟した。

さて、何とか、後ろから押し出して、一番の緩斜面のリフト乗り場へ到着。前にも書いたが、子どもへの対応ができているので、「初心者なんで」と一声かけると、リフトのスピードを落とし、乗るのに手を貸してくれるので、何とか無事にリフトに乗車。降り場でも、肩に手を置いて、ぐいと引っ張って、転ばすに下車完了。いよいよ、スキーの指導に入った。

今回は、まず、娘がお世話になった「トライスキー」を装着。目標はプルークでの斜滑降。あわよくばターンをしてリフト1本分を滑りきる。と言うところに設定した。Nちゃんに言ったことは、「ひざをスキーの先っぽの方に向けて曲げること」「斜め下の方向にまっすぐ滑ること」の二つ。しかし、いざ滑り出すと、どうしてもフォールラインを向いて直滑降になってしまう。「怖い
」という気持ちもあるようで、加重の仕方がどうしてもブレーキ要素の強いものになってしまい、スピードが出ない。なんというか、体全体がガチガチの状態で滑っている感じになってしまった。ただ、トライスキーのおかげで?トップが重なることはなく、転ぶ回数はかなり少なかった。

そこで、「ターンも教えちゃえ」とばかりに、「左に曲がるときは右足の親指に、右に曲がるときは左足の親指に力を入れるんだよ」と声をかけ、さらに、ストックが長くてじゃまになっている感じがしたので、ストックを持たせないで滑らせてみた。

ところが、思うように外足に体重が乗せられないようで、ターンにならない。曲がるかと思うと、スキーはフォールラインを向いたままで、左右にギザギザに移動する「稲妻形」になってしまっていた。

これで行き詰まってしまった私。そのまま娘と二人で練習するように言い、2本ばかりクワッドに乗って、コブ斜面→中急斜面(フラット)を滑ってきた。皮肉なことに、このときはコブも、中急斜面もかなりいい感じで滑ることができた。ん~、それでいいのか?

再び娘たちと合流し(二人で何とか転ばずに滑っていた)、最後の指導。このとき、カ~ッと滑ってきたことが気分転換になったのか、ふと「のばしプルーク」を思い出した。娘にはそれで教えていたのだった。そこで、「Nちゃん、今度は曲がろうとするときに、外の足を「じわ~~~っ」と伸ばすようにしてごらん!」と声をかけた。

すると、最後の最後になって、ターンらしくなってきた。「なんでこのことを忘れていたんだ!」と自己嫌悪感に襲われたのだった。

しかし、トライスキーは、やっぱり有効ですね。「転びにくい」というのは、初心者にとっては大きいです。転ぶと本人も指導している方も、一気に体力を奪われますからね。リフトに乗るときにうまく前に進めないこともあり、途中で「トライスキーを外して!」と言うので、外してやったものの、数m滑っただけで、スキートップが重なり転びそうになったNちゃん。すぐに「やっぱり付けて!」と前言撤回。その後は一度も外そうとはしませんでした。

「トライスキーすごいぞ!」「おそるべし!トライスキー!」

「クライマーズ・ハイ」小説&映画ともオススメです!

 昨日、TUTAYAから借りてきていた映画「クライマーズ・ハイ」を観た。先に原作の小説を読んでいたが、雰囲気・迫力も十分。小説の内容を損なわない見応えのある映画だった。
原作者の横山秀夫氏は、まさにその時、群馬の新聞社の記者だったという。そういう意味で、非常にリアリティのある小説といえよう。

 昨秋にこの小説を読み、大いに心を震わされ、「映画になったらおもしろいのになぁ」と思って、ネットで調べると、今年の夏に公開されたばかりと分かった。劇場では見損ねてしまったものの、直にDVDが出ることも分かった。私にとっては非常にタイミングのいいことだった。

あの大事故が起きたときの新聞社内の生々しい様子、人間模様、スクープにかける記者の思い、などなど、小説も映画も、内容に引き込まれ、一気に観てしまった。

掛け値なしにオススメします!

妻のニューPCを購入!

先週末、今春の仕事復帰に向け、妻の仕事用パソコンを新たに購入した。(仕事用のパソコンを自前で用意しないといけない仕事なんです(ρ_;))

これまでは、SONYのVAIO505W/Pという機種を使用していた。B5モバイルノートで、CD-R/RW・DVD-ROMドライブがついていて、性能がけっこうよかったのにもかかわらず10万円台中盤くらいで購入でき、重宝していた。しかし、無線LANが突然切れてみたり、↓のキートップが外れたり、ブルースクリーンが出てみたりと、最近はトラブル続き。「SONYの製品は華奢(きゃしゃ)だ!」という思いがさらに深まっていた。(ヨドバシカメラの店員さんも「確かにそういう感じはあって『ソニースイッチ』と言われているんですよ。」と話していた。)

これまでは、XPに、Officeは2003だったので、新しくなると、VistaにOffice2007となるから慣れる時間がほしいと、早めに動き出した。妻の希望は、B5サイズで、光学ドライブ付き、Word&Excel+Powerpoint。これで何とか20万円以内に収めたい。この時点で候補はかなり絞られた。

・SONYのFシリーズ ・PanasonicのLetsnote W8 ・東芝Dynabook SS RX2

まず自分が、実物をさわってみた。頑丈さはLetnote、キータッチはdynabook、デザインはソニー、肝心の価格はどれも予算オーバー。総合評価では、DynabookかLetsnoteだったが、ワイド画面であることと、キータッチの感触の良さで、Dynabookを第1候補とした。

その情報を元に、今度は妻に実際にさわってみて確かめてもらったが、同様の感触を持ったようで、DynabookSS RX2候補を絞り、価格調査に入った。

折しも、春モデルが1/23に発売された。スペックを確かめると、変更点はメモリーが2GB→3GB、画面の明るさがUPしたぐらいで大きな差はない。しかし、新機種の登場で冬モデルの価格も下がり気味で、価格差は価格.comでみると約4~5万円。冬モデルなら全ての条件をクリアできるということで、それに決定。あとはどこで購入するかだ。

仙台周辺の家電量販店では、ポイントや値引きを考慮しても20万円以内はムリと判断。価格.comを参考にネット通販をと探す。と、そこに「仙台」の文字が。よく見ると「仙台ボンバー」とある。「そんな店あったっけ?」とgoogleマップで調べると、仙台駅東側、新寺のマンションの1Fにあるという。この店秋葉原の「PCボンバー」の支店で2008年9月にオープンしたばかりだと言うことだとがわかった。さらに幸いなことに、最安値ときた。仙台市内に出かけた帰り道に店に寄って、在庫を確かめると1台あり。その場で購入した。

購入した機種は、正確には「DynabookSS RX2/T8G」ほぼ満足している。が、しかし、たった今、価格.comを見たら、春モデルのT8Hが、ぐぐっと価格が下がって、20万円を割り込み、購入した時点でのT8Gとの価格差が約1.5万円になってた!性能差に見合う価格になったと言うことか!?購入するタイミングって、難しいですね。

まっ、いっか!

松島町温水プール「美遊」

24日(土)の夜、妻が飲み会に参加している間、それに行きたがってぐずった娘を黙らせる意味もあって、松島町高城にある、松島町温水プール「美遊」(2007年10月にオープン)に娘と二人で行ってきた。
6時過ぎから8時半ごろまで、娘に泳ぎを指導し、「ドル平」で75m泳げるようになり、その合間に自分も平泳ぎを中心に700mほど泳ぐことができた。
結論から言って、ここは非常にいい!

<いいところ1>施設がとてもきれい!
プールはもちろん、更衣室やトイレもとてもきれいだ。できてからまだ1年3か月と新しい施設だということもあるが、メインテナンスが行き届いている感じがする。清潔感があるというのは使っていてもとても気持ちがいいものだ。

<いいところ2>スタッフの対応がいい!
利用者が少ないので、余裕があるというのもあるだろうが、近隣某町の温水プールのように、「めがねを持ち込むな」「階段を走るな」「親は目を離すな」と、何かと口うるさく言うようなこともなく、利用者のことをゆったりと見守っている感じがして、気持ちよく泳ぐことができた。これって、結構大事なことだと思う。

<いいところ3>母と2歳弱の息子も飽きずに待っていられた!
2階に、プールを一望できる待合いスペースがあるのだが、飲食は禁止されているものの、おもちゃや遊具もあり、うちの2歳弱の子も、うちの母と一緒に約1時間半、飽きることなく待っていることができた。これもポイントが高い。

<いいところ4>空いている!
この日のこの時間、プールの利用者は自分たちも入れて6~7名。コースを独り占め状態で泳ぐことができた。子供用プールには、輪投げの輪やゴムボールなど、小さい子の水慣れに使える小道具もある。歩行専用プールもある。

ということで、かなりいいプールです。是非一度足を運んでみてはいかが?

悲しい気持ち

 昨日の朝、悲しい気持ちになった。

 昨年4月から、自宅最寄り駅~JR~勤務先最寄り駅~自転車~勤務先 という通勤経路になった。従って、通勤先最寄り駅に自転車を置いている。ところが、腹立たしいことに、これまでに、①7月:カゴに入れていた雨合羽 ②9月:自転車 と駅の駐輪場で盗まれた。大丈夫だろうと油断して、カゴに入れていたり、チェーン鍵1つだけだったりと、管理が甘かったと言えばそれまでだが、それにしても腹が立つ(#`ε´#)

 仕方なく中古の自転車を\8000で購入。今度は、前輪&後輪にロック鍵、さらに丈夫なダイヤル式チェーン鍵を購入し、駐輪場の柱に固定するようにした。つまり3重にした。

 しかし、一昨日の夕方、雨の中を走り、さらに急いでいたこともあり、本体の鍵2つはかけたものの、チェーンロックをするのをすっかり忘れてしまった。そのことに家に帰ってから気づいた。これまでのことがあるだけに気になって仕方がない。そこで、昨日は車で通勤だったが、朝に駅に立ち寄り、自転車を確認すると…、「よし!自転車はあった。」じゃあ、チェーンロックをしようとすると、「ない!」かごに入れていたチェーンロックが消えていた。

 ここでも、致命的なミスをしていた。ロックを外したままいれていたのだった。これで3度目だ。何とも言い難い、とても『悲しい気持ち』になった。

 しかし、なんで鍵を盗む!?「人の鍵を盗んでおいてそれで自分の自転車が盗まれないようにする」って、それって、絶対おかしいでしょう!(怒)

箕輪スキー場インプレッション

 今回のスキー場レポは、箕輪スキー場。福島から国道115号をのぼり、土湯トンネルを越えたそこが箕輪スキー場です。
 1月18日(日)の午後に一人で行ってきました。滑った時間は、14時~16時30分の約2時間半でしたが、ここの長い高速リフトで10本以上いけたので、ほぼ満足というか、結構足にきました。良いところと惜しいところを書いてみたいと思います。

良い点1:福島市内から1時間以内。近い!
 福島市内(南の外れですが)の実家から、約40分でスキー場に到着。近いにもかかわらず標高が高いこともあり、雪質はかなりいい。駐車場も無料。

良い点2:リフトが長い、速い!コースも長く、なかなかいい!
 リフトは全部で4つのみ。しかし、上にある「Jバー」を除いた3つは全て距離も長く、全てデタッチャブルの高速リフト。従って、コースも長く、滑りごたえ十分です。
 特に中・上級者にお勧めは、Aリフト沿いの「エンジェルストリートからE.T上部」
 最上部はカリカリのアイスバーン、斜度もかなりありますが、コースが平らなので、思い切って攻めることができます。今回も、ほぼそこで滑っていました。

良い点3:ロケーションがいい!
 この時期になると、山頂方面は高い木がないために、いわゆる「樹氷」状態の美しい軽視が見られます。青空とのコントラストは一見の価値あり。どのリフトからもその箕輪山山頂を望むことができます。また「エンジェルストリート」最上部からは、裏磐梯方面の美しい眺望が見られます。Aリフト山頂からCリフト方面への迂回コースもあるので、初級者でもここまで行って、この景色を見ることができるのもいいですね。

Ca3a0187_3 Ca3a0189_2

惜しいところ1:16時以降に開いている喫茶・食事スペースがない!
 この日は「薄暮スキー」ということで、Bリフトのみですが19時まで営業。18:30までの4時間券だったので、16時過ぎにコーヒーでも飲もうかとホテル内のスキーセンターに行ってみたものの、レストランは全て16時までの営業。唯一ホテル内のラウンジが17時までやっているとのことでしたが、そこはブーツを脱いで入らねばならず断念。ここまできて、150円の缶コーヒーを飲むのもなあと、何も飲まずゲレンデに戻りました。
 19時までリフトが動いているのですから、せめて1カ所、ホテルスキーセンター内の「スパイシー」だけでも開けておいてほしいと思いました。

結論:強風or吹雪でなければ、どんな利用シーンでもオススメできる!
 年末に行ったときは、強風でBリフトのみの営業。二本松の塩沢スキー場に変更したと言うことがありました。また、標高も高いので寒いです。子ども連れで行くときには、天気を選んだ方がいいでしょう。
 でも、天気さえ大丈夫なら、どんな利用シーンでもかなり楽しめるスキー場だと思います。

泉ヶ岳スプリングバレースキー場インプレッション

小1の娘と行ってきました。家から1時間以内でいけるスキー場はこことセントメリー。どちらに行くか迷いましたが、高速料金がかからない。道も大丈夫だろうと踏んでこっちに行きました。
行くと、3連休の中日とあってか、結構混雑している。クワッドリフトは少し町ができるくらいだった。ゲレンデも混み合っていたので、一番上のクレセントBコースで待ち時間なしで滑っていました。ナイターの時間になってからは、娘が一人でサンデッキコース、自分はクワッドでクリッパーチャレンジコースを数本。滑った時間は、午後2時から5時半ごろまで。約20本、結構楽しめました。
◇よかった点1 子ども優しい。
子どもがリフトに乗るときは、必ずリフトのスピードを遅くしてくれること。いつでも補助できる体制でいてくれる。そのおかげで娘一人でもリフトに乗ることができました。
◇よかった点2 ファミリー時間券の設定あり。
 ファミリー(大1小1)4時間券が\4500、6時間券が\5000 家族にはうれしい設定です。
◇気になったこと グラム1.5円カレー
 面白いと思ったのが、レストハウスの「グラム1.5円カレー」つまり、200gなら350円、500gなら750円ということ?今度試してみようと思いました。
■マイナス点1 仙台市街から近いが、道は1本、スリップ注意
 仙台市外から近いものの、上にいくと道路に雪もある。アイスバーンにもなりやすい。油断は禁物です。
■マイナス店2 日中の客から駐車料金(\500)を取ること
 4時以降にスキー場にきた場合は無料だが、その前は有料。スキー場での駐車料金は「二重取り」としか思えない。最近はいつでも無料とするスキー場が増えている。ぜひ見習ってほしい。

丸1日いるというよりは、今回のように4時間とか、ナイターでというのがピッタリのスキー場だと思います。

なんとかかんとか再インストール成功!?

この週末を利用して、もらってきたPCへのWindowsXP再インストールを行いました。HDDを新しくしたから楽勝だと思っていたら、とんでもない!XPのCDからHDDでファイルをコピーしている途中で、「×××をコピーできません」というメッセージが頻発。再試行を繰り返し、先に進みかけたと思うと、「ブルースクリーン」が出て、ハイ失敗。これの繰り返しでした。

HDDを新品に交換したのだから、HDDの不具合とは考えにくい。じゃあ、原因はなに?「わからん!」といったんはあきらめかけました。しかし、1日おいて、再チャレンジ。ネットで原因を探ってみました。すると、可能性として浮かび上がってきたのが、①CD-R/RWドライブの不具合 ②WindowsXPのCDの不具合 ③メモリーの不具合 そこで、①CD-R/RWドライブを手持ちのものと交換してみる→× ②WindowsXPのCDをCD-Rにコピーし、それで再インストール→やっぱり× ③メモリーを交換して再インストール→それまでより少し先に進むものの最後はブルースクリーンで× ④メモリースロットを変えてみる→さらに先に進むも× ⑤メモリスロットを変え、手持ちのメモリーに交換して再インストール→「×××をコピーできません」メッセージ頻発するも、何とか最後までコピー完了→WindowsXPの再インストール完了!→内臓VGA、LANなどのドライバーのインストール→再インストール成功!という道のりをたどりました。

原因はメモリー周りの不具合か?最終的には、もともとのメモリー(DDR1 PC2100 512MB)を二つ目のスロットに挿した状態で正常に動いています。(これも、そのPCで書いています)

あきらめずにがんばってよかったです。

不要になったパソコンを再活用するぞ!

先日、知人から不要になったパソコン本体をもらってきました。このパソコン、実は数年前に私が自作したものでした。
もしかしてWINDOWSを再インストールしたら動くんじゃないかとやってみたものの途中でエラーが出て失敗。フォーマット中に固まりかけたこともあり、ハードディスクが逝ってしまっていると判断。明確な使い道もなく、一旦は諦めました。
ところが、正月、実家に行き、6年位前に自作したパソコンの動作がかなり遅くなっていることに気づき、使い道が決定!もらったパソコンに今動いているハードディスクを入れようかとも思いましたが、手間を考え、新規にハードディスクを購入して再挑戦することにしました。
で、仙台のツートップで、HITACHI 3.5inch U-ATA133 80GB を\4280で購入しました。価格÷容量でいうと割高ではありますが、\5000以内で買えるというのは、安くなりましたね。
しかし、もうほとんどがシリアルATA。あと半年したらU-ATAはなくなっていたりして。
数年前のパソコンとはいえ、ペンティアム4 2GHZ うまくいったらいい働きをしてくれるでしょう。

10年前のスキー板が売れた!!

今シーズン、10年ぶりにスキーの板とブーツを新調したことは前に書きました。それで、使わなくなった板を、買い取り店「オフハウス(ハードオフ)」に持って行ってみました。

今まで使っていた板は、1998~99シーズンに買った(と思う)「ROSSIGNOL RXD PRO 184cm」カービングスキーが一般的になってきた頃の板で、その前に履いていた板が201cmだったことを思うと、184cmでも「さすが、カービングスキー、短くなったなぁ」と思ったものでした。

実は、数年前にも、「ROSSIGNOL 4S 200cm」と「ROSSIGNOL
Super Virage ceramic 201cm」を「オフハウス」に持って行ったことがあるのですが、そのときの買い取り価格は、2本合わせてなんと¥120。店の前にあった自販機で缶コーヒーを買っておしまい!ということがありました。ですから、今回も、せめて¥100くらいにはならないかなぁ。という気持ちでした。

で、スタッフに査定をお願いすると、
スタッフ「あのぉ、すみませんがカービングスキーしか買い取りしていないんですが。」
 妻  「いや、これはカービングスキーのはずですが。」
というやりとりがあったと妻から聞き、これは
もう、買い取ってもらえれば何円でもいいや!そんな感じでした。

しばらくして、査定が終わり、取引を完了して戻ってきた妻と娘。私にこう聞きました。
娘「ねえ。スキーの板、いくらだったと思う?」
私「えっ、売れたの?」
妻「売れたよ!」
私「ん~、¥20?ちがう?じゃあ、¥200?違うって。まさか、¥2だったりして。」
娘「お母さん、言ってもいい?あのね・・・」
娘&妻「¥2000だよ!」
私「に、にせんえん!!??うそっ!!」

と言うわけで、まさかの評価が付いた10年前の板。嬉しい誤算でした。

前回は、缶コーヒー1本でしたが、今回は、家族4人分の昼食(モスバーガー)になりました。

猪苗代ミネロスキー場オススメします!

子ども3人(小1,4,5の女の子)を連れて行ってきました。結論から言うと、大満足!ぜひまた行きたいと思いました。その理由をいくつか挙げたいと思います。
1 ゲレンデがいい
 リフトは、高速クワッド1本、ペアリフト3本と少ないものの、縦長のレイアウトで、幅もあり、フラットな中斜面が続く。圧雪もしっかり行われていて、子 どもから大人、初心者から上級者までそれぞれのレベルに合わせて気持ちよく滑ることができる。実際、子どもたちも丸1日、気持ちよく滑りまくっていまし た。

2 サービスがいい
 午前10時からと午後2時からの2回、第1リフト(クワッド)降り場でワックス無料サービスを行っている。パトロールの方が二人いて、板を渡す と、液体のワックスをかけ、モップのようなものでササッとのばしてくれるというもの。本格的なワックスではないが、その日滑るには十分。なかなか秀逸な サービスだと思った。
 ファミリー券の設定があるのも嬉しい。正直いうと、あと\1000安いとベストだが。

3 食事がおいしい
 センターハウス2Fの「ニーナ」で昼食を食べたが、メニューもいろいろと工夫されていて、どれもおいしそうで迷うくらいだった。ラーメンも喜多 方ラーメン風でなかなかおいしかったし、ジャンボかき揚げうどんもかき揚げが本当にジャンボでびっくり。これもおいしかった。地場産品を意識して使ってい るのも好感が持てる。また、地元産のジャガイモでつくった皮付きポテトが400円で皿に盛り放題というのも嬉しい。パンや地ビール(生)のワゴンサービス (有料)もあった。また、スタッフも笑顔で気持ちのよい対応をしてくれた。

雪が少し少なめなのが残念だが、積雪80cmでも、多少ちゃいろいところがあったり、小石が見えたりするところはあったものの、「ガリッ」と行くような状態ではなかった。施設も新しくきれいで、総合的に見てもかなり「気持ちよく滑れる」スキー場ですね。また行きたい!

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30